日本の住宅事情と課題を考える

Contents
日本の住宅事情と課題を考える

外張断熱で快適に

近年、おうちカフェやもちよりパーティーなどに代表されるように、外でお金を使うよりも自分の家で楽しく過ごしたいという考え方が普及してきたようです。
とはいえこれから冬に向かいますので、せっかくお友達が遊びに来ても床からの冷え込みやすきま風があっては台無しです。
休日に自宅でゆっくりしたいと思ってはいても、やはり家が寒くてはついつい暖かさを求めて外に出かけてしまうものです。
家で暖かく過ごすためにはどうすればよいのでしょうか。
家そのものに目を向けてみましょう。
日本でも東北や北海道の住まいではかなり前から、家の壁には断熱材を入れて窓は二重にするというのが普通でした。
そのようにして昔から冬の寒さをシャットアウトして、外の気温はマイナスでも家の中では暖かく快適に暮らせるように工夫されています。
このように断熱材を使うことによっての効果で寒い冬でも暖かく、夏は熱気を避けて涼しく過ごすことが出来るようになります。
家で過ごす時の快適さが格段にアップするのです。
ここ何年かにわたって国を挙げて、断熱や蓄電に特化したエコ住宅の普及が推進されています。
新築することを検討している場合にも、既存の住宅でリフォームを考えている場合でも外張断熱の技術を取り入れるなら冬でも暖かく夏でも涼しい理想の家に暮らすことが可能になるかもしれません。
そうなると自分の住まいはもっと快適に、もっと居心地の良い物へと変わっていくことでしょう。